ワタミのミールキットPAKUMOGU(パクモグ)の口コミ検証!どんな家庭と合う?

本記事にはプロモーションが含まれます。

この記事で解決できるお悩み
  • パクモグの口コミを知りたい
  • パクモグの評判が気になる
  • 自分の家庭がパクモグと合うか気になる
お悩みパパ

パクモグって子どもがご飯を食べてくれるって評判だね!でも良くない口コミもあるなぁ…。

PAKUMOGU(パクモグ)は『子ども受けの良さ』『時短調理』を重視する家庭ならオススメです。

子どもの食事事情は、いつでも親の悩みの種の一つです。

特に未就学児ぐらいのお子さんだと、好き嫌いや偏食が多かったり、野菜が苦手だったりで、とにかく苦労が多いですよね。

小鬼パパ

なるべく子どもに寄せたメニューにしていますが、それでも食べてくれない時もあります。

子どもにはちゃんと食べて欲しいし栄養が気になる、けどパクパク食べて欲しい。

そんな子育て世帯の救世主的とも言える商品で、ワタミはミールキットPAKUMOGU(以下パクモグ)を販売しています。

2022年2月からスタートしたサービスで、約7カ月で累計販売数15万食を達成した子ども向けのミールキットです。

販売開始から2年以上経過していますが、口コミや評判はどうなのか、良い面と悪い面をひっくるめて調べてみました。

小鬼パパ

口コミだとイマイチな点もあげられています。共感する部分もありますが、筆者としてはメリットの方が断然上と感じます。

PAKU MOGU(パクモグ)が向いている人PAKU MOGU(パクモグ)が不向きな人
未就学児のお子さんがいる家庭
調理はできるだけ時短したい
共働きで忙しい
子どもにご飯を美味しく食べてほしい
お子さんが、大人とほぼ同じものを食べられる年齢
お子さんが複数人いる
コストはなるべく抑えたい
この記事を読んでわかること
  • PAKU MOGU(パクモグ)の良い口コミ
  • PAKU MOGU(パクモグ)のイマイチな口コミ
  • PAKU MOGU(パクモグ)はどういう家庭と相性が良いのか

パクモグの基本情報
料金1食550円程度
ミールキットの中では中ぐらい
調理のしやすさ料理はカット済で楽々調理
時短効果所要時間15分程度
手作り料理寄りのミールキットの中だと早い方
メニューの豊富さ和洋中豊富だがメニュー傾向は比較的類似
子ども受けの良さ子どもの好きなメニューに特化
味付け専用調味料で美味しく味付け
その他・品数は2品
・定期コースと都度発注コースあり
・2人~3人分発注可能。4人の場合は2人×2つ分
・注文は日単位で選択可能
目次

PAKUMOGU(パクモグ)はどんなミールキット?

パクモグは外食産業で有名なワタミが展開する、子ども向けに開発されたミールキットです。

ミールキットとは食材とレシピが一体型となった商品です。

買い出しや献立立案の手間が減るというメリットがあるものの、子どもが食べやすいミールキットサービスというのはあまり展開されていませんでした。

コロナ禍で外出自粛により宅配需要が増す中、ワタミの子育て中の社員が「子どもが『おいしい!』と食べてくれる」「親が子どもに食べさせたいと思える」をコンセプトに開発された、子育て世帯専用ミールキットがパクモグです。

小鬼パパ

注文日数を選べたりする点も、子育て世帯の利便性を考慮してだとか。

そんなパクモグには次のような特徴があります。

パクモグの特徴

  • メニューはモニターの子どもたちの「おすみつき」
  • 子どもたちの声を活かした改善
  • 自社開発の「オリジナル調味料」
  • 管理栄養士による献立設計
  • 約15分のカンタン調理で主菜・副菜の2品完成

大きく分けて『子ども受けの良さ』『調理の時短効果』が特徴です。

パクモグは、モニターの子どもたちである「子ども商品開発部」に商品を試食してもらっています。

80%以上の「おいしい」が貰えなかったメニューは、子どもたちの声をもとに改善されています。

子どもたちが実際に食べて「ソースが酸っぱかったら甘めにする」「野菜が大きかったら小さく切ったり苦みを減らす」といった工夫を経て、メニュー化に至ります。

小鬼パパ

メインターゲットの子どもの声をしっかり聞いて反映させることで、子ども向けのミールキットに調整されている、というわけですね。

一方で、ミールキットを調理するパパママ達は、子育ての真っ最中で調理に多くの時間を割けません。

そんなパパママ達が使いやすいように、「カット済野菜」「ワタミのオリジナル調味料」「自宅へ毎日配送」によって調理工程の大幅な時短を実現しています。

それでいて、管理栄養士により献立設計されているため、栄養バランスや和洋中のバラエティに富んだメニューが提供されています。

お悩みママ

離乳食レシピも載ってるから取り分けしやすくて助かる!

パパママ達の利便性も考慮しつつ、子どもがパクパク食べてくれることで、子育て世帯の食事に関する悩みを一挙に解決してくれるのがパクモグの魅力です。

PAKUMOGU(パクモグ)の良い口コミ

子育て世帯に特化したミールキットであるパクモグですが、巷ではどんな評判か調査してみました。

小鬼パパ

比較的新しいサービスなので、まだまだ口コミは少ないものの、評価する意見が多数見受けられました。

パクモグのミールキットの良い口コミまとめ

  • 時短調理かつ献立立案してくれるので負担が大幅減
  • 子どもが完食してくれる
  • 買い物に行かずに済む/毎日宅配してくれる

良い口コミ①:時短調理かつ献立立案してくれるので負担が大幅減

調理時間の短縮や、献立を考えなくて良い点を評価する声が多く見受けられました。

ワーママ含めた子育て世帯はとにかく多忙、時短調理かつ献立立案の手間が減るのはメリットしかありません。

パクモグの場合はさらに、子どもが食べてくれないリスクが減る、という点が大きな評価ポイントです。

小鬼パパのお試し感想
  • 実際の調理時間は10分~15分でとても簡単
  • 子ども向けのメニューで考えなくて済むのでラク
  • 全体的な負担は大幅に減らせる
小鬼パパ

『料理に時間がかかる』『子どもが食べてくれるよう献立を調整する』『子どもが食べてくれない』といった悩みが全て解決されます

良い口コミ②:子どもが完食してくれる

子どもが完食してくれる、という点はパクモグならではの評価ポイントでした。

忙しい中で頑張って作って、子どもが食べてくれない時の徒労感は例えようがありません。

子どもが喜んで食べるメニューになっているので、ご飯を残しがちな子どもとは良相性のようです。

小鬼パパのお試し感想
  • どのメニューも子どもが好きなメニューだった
  • 特に残したりせず完食してくれた
小鬼パパ

我が家の6歳と3歳の娘はそれなりに味にうるさいのですが、パクモグは完食してくれました!大人も美味しく食べられます。

良い口コミ③:買い物に行かずに済む/毎日宅配してくれる

良い口コミに、自宅へ配送してくれる点が便利という声も見受けられました。

毎日使い切りの分を配送してくれるので食材は新鮮、鍵付きボックスで不在時も問題なく対応してくれる点は便利の一言です。

買い物に行ったら余計なものを買ってしまったり、食材を余らせてしまうなら、さらに相性は良いと言えます。

小鬼パパのお試し感想
  • 使う分だけ自宅へ配送してくれるので、冷蔵庫を見て考えなくて済む
  • 買い物の手間が減る
小鬼パパ

当日の調理食材が、当日届くのでアレコレ余計なことを考えなくて済む点はとても助かります

PAKUMOGU(パクモグ)のイマイチな口コミ

パクモグの口コミには良い口コミも多いですが、辛口の評価がいくつか見受けられました。

パクモグのイマイチな口コミまとめ

  • リニューアルで改悪されてしまった
  • 子どもが食べてくれなかった
  • 副菜用の調味料が必要
  • お肉が外国産だったり添加物が含まれている

イマイチな口コミ①:リニューアルで改悪されてしまった

パクモグは2023年10月にリニューアルされていますが、いくつかの項目で改悪されてしまったようです。

  • 副菜の調味料付き⇒副菜調味料廃止
  • 毎日メニュー2品から選択⇒選択肢が減少
  • レシピペーパー同封⇒別紙レシピブックに掲載

特に子どもの好き嫌いに応じて、毎日2つのメニューから選べるという点が評価されていたにも関わらず、メニューの選択肢が実質減ってしまったことを嘆く口コミが多く見られました。

小鬼パパ

我が家はリニューアル後に利用してみたので特段気にしなかったのですが、リリース当初から利用していた人にとっては良くないリニューアルだったようです。

パクモグのコンセプトそのものは変わっていないので、これから新たに利用するなら気にしなくて良い点ではあります。

イマイチな口コミ②:子どもが食べてくれなかった

子どもが食べやすい構成となっているパクモグですが、それでも食べてくれないという意見はいくつか見受けられました。

パクモグはモニターの子どもたちに試食してもらい、「おすみつき」を貰えるまで改良を重ねているため、かなり子どもの舌に寄り添ったメニューとなっています。

それでも食べないというのであれば、こればかりは相性の問題と言えます。

小鬼パパ

他の子ども向けのミールキットでパクモグ以外を探すにしても、選択肢がかなり少なくなります。

パクモグは入会費・年会費など無用なので、試してみて合いそうになければ別のサービスを探すのも手です。

イマイチな口コミ③:副菜用の調味料が必要

意外と目立った意見としては、調味料が自宅に無くて困ったという口コミです。

上述したリニューアルに伴い、副菜調味料は自宅の調味料を使用する必要があります。

家庭で用意する必要のある調味料一覧

特別な調味料は多くはありませんが、家庭によっては使わない調味料もあるでしょう。

材料を用意するまでは手間なので、自宅にある調味料で代用が利くものを使っていきましょう。

イマイチな口コミ④:お肉が外国産だったり添加物が含まれている

パクモグで届く食材は、お肉は国産でなかったり、添加物が含まれています

お肉は必ずしも国産品ではなく、鶏肉以外は外国産が多めの印象です。

子どもが口にする食材なので、お肉の生産地や食品添加物がやはり気になるという意見があげられていました。

小鬼パパ

自然派のミールキット重視なら、Oisix(オイシックス)なんかがメジャーですね。

ただパクモグだけ外国産や食品添加物だらけという訳ではなく、スーパーで買う食材も産地や添加物に関しては大幅に変わってくることはありません。

産地や食品添加物が気になるなら、自然派のミールキットを利用する方がオススメ!

PAKUMOGU(パクモグ)をオススメできる家庭の特徴とは?

パクモグには良い口コミやイマイチな口コミの両方あることがわかりました。

筆者の体験や、口コミの結果を見て、パクモグはどういう家庭と相性が良いのかを次の通りまとめました。

パクモグと相性の良い家庭の特徴

  • お子さんの年齢が離乳食~小学校低学年ぐらい
  • 子育てしながら共働きである
  • お子さんにバランスの良い食事を摂って欲しい
  • 献立を考えたり買い物が負担に感じている
小鬼パパ

筆者の所感で言えば、『完全自炊と比べると費用は多少高くつくが、子どもの食いつきや時短効果を考えるとコスパが非常に良い』と感じています。

お子さんの年齢が離乳食~小学校低学年ぐらい

パクモグは離乳食ぐらいからの月齢から始めることができます。

引用:パクモグ公式ホームページ

パクモグは小さなお子さんが食べることを想定した味付けです。

利用するための推奨年齢は特にないのですが、離乳食~小学校低学年ぐらいのお子さんが特にターゲット層と言えます。

モニターをしてくれている『子ども商品開発部』の子どもたちも、3歳~8歳ぐらいの年齢です。

このぐらいの年齢の子は、好き嫌いや偏食、イヤイヤ期などで食事事情は何かと苦労しがち。

パクモグを取り入れることで子どもの食がスムーズに進めば、親子双方にとって良い影響をもたらしてくれます。

子育てしながら共働きである

パクモグは子育てかつ共働きの世帯と相性抜群です。

特にワーママにとって悩みの種である『調理時間が足りない』『買い出しする時間が無い』といった声にも対応できるよう、カット済や味付け済の調味料で最短クラスの調理を可能としています。

開発に携わっているワタミの社員も、子育てしながら働いている方によって構成されています。

自ら使うならどういうサービスが良いか、という視点で開発されているので親にも寄り添ったサービスとなっている訳です。

これ以上時短しようとすれば、総菜タイプのミールキットや冷凍弁当などが候補にあがってきます。

小鬼パパ

ただ親心としては、子どもにはできるだけ手作りのものを食べさせてあげたい。

パクモグは子育て世帯で忙しい親にとっても強い味方であると言えます。

お子さんにバランスの良い食事を摂って欲しい

パクモグは管理栄養士監修のメニューで、バランスの取れた食事を摂ることができます。

好き嫌いや偏食が多いと、子どもの好みの食べ物に偏りがちです。

育ち盛りの子どもには、野菜を含めて栄養を取って欲しいもの。

お悩みママ

食べてくれないのは困るけど、栄養が偏ってないかも心配。

パクモグは、パパママが抱えがちな、子どもの栄養に関するジレンマも解決してくれます。

献立を考えたり買い物が負担に感じている

パクモグは、子どもが食べられる献立を考えたり、買い出しの手間から解放されます。

一般的なミールキットでも、献立を考えなくて済んだり、買い出しをしなくて良いというメリットは得られます。

パクモグが他と大きく違う点は、子どもが食べることを念頭に置いてメニューを考えるという負担から解放される点です。

子どもが食べてくれるか考えながら献立を立てるのは、子どもが食べてくれるメニューが中心となります

どうしても少ない選択肢の中から、週の献立を組み立てなければならないので結構大変です。

小鬼パパ

好き嫌いが多いと、特にメニューが被りがちです。

パクモグは和洋中バランスよく、バラエティに富んだ献立を立てています。

通常の献立以上に考えることの多い子どものメニュー組み立てを、全てパクモグが引き受けてくれる点で特に有用と言えます。

PAKUMOGU(パクモグ)に関するよくある質問

パクモグの口コミを見たところで、利用するにあたって料金や配達エリアなどの気になる点に対して、次の通り解説していきます。

パクモグの利用料金は?

パクモグの料金は、1人前1食あたり570円~640円です。

利用料金は注文日数及び『都度注文』か『定期注文』により単価が異なります。

パクモグは週1からの利用が可能ですが、週1利用が最も割高であり、週4以上利用することで最も割安で利用可能です。

注文方式について、『都度注文』は使いたい時にだけ注文する方式であり、『定期注文』は初回利用時の人数、数量を毎週同じ曜日にお届けするサービスとなっています。

『定期注文』を利用することで通常価格より5%OFFで利用が可能です。

人数1食分金額5日分金額1か月あたりの料金1食あたり単価
2人分1,140円5,700円22,880円570
3人分1,830円8,550円34,200円570
※記事執筆時点の価格/定期注文として算出

何人分を注文すればよいか、お試ししたイメージだと次の表から判断してみてください。

注文人数の早見表
  • 親2人+子ども離乳食時期⇒2人前
  • 親2人+子ども幼児食⇒3人前 ※やや余るぐらい
  • 親2人+子ども1人目幼児食+子ども2人目離乳食時期⇒3人前
  • 親2人+子ども2人幼児食⇒3人前~4人前 ※3人前だと足らず4人前だとやや余る

幼児食を食べるお子さんは、年齢や食べる量によって判断が変わるものの、大体0.5人前で考えると丁度良いです。

小鬼パパ

2人分を注文する場合は、2人前×2setを注文する方式となります。

パクモグの配達可能エリアは?

パクモグは一部のエリアを除き、ほぼ全国エリアに配送対応しています。

配送できない地域は以下の5県です。

  • 北海道
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 鳥取県
  • 沖縄県

公式ホームページから、お住いの場所が配送地域かを簡単に調べることができます。

小鬼パパ

自分の住んでいるところも配送してくれるかな…と不安になったら、検索で調べてみましょう。

『パクモグ』と『あっ!とご飯』『定番おうちご飯』の違い

いずれもワタミの展開するミールキットサービスという点で共通ですが、特徴が異なります。

  • 『PAKUMOGU』2品、時短調理、子ども受け
  • 『あっ!とご飯』⇒2品、時短調理、大人向け
  • 『定番おうちご飯』⇒3品、大人向け、1から調理

サイトが分かれているので若干ややこしいですが、ワタミのミールキットの中に上記3種類のコースがあると考えてもらえればわかりやすいです。

小鬼パパ

上記3種は料金も共通です。お試しはいずれか1種類しか選べないのでご注意を!

パクモグのその他に関する質問

パクモグはどのタイミングで注文できる?

注文確定日はお届け開始日の前週水曜日までです。マイページの「注文履歴」より、変更・キャンセルが可能です。都度注文の場合、注文しないと次週の注文がスキップされます。

商品はいつ届けられる?

月曜日から金(土)曜日まで、毎日お届けされます。お届け時間は宅配コースによって異なります。原則として、午前中から夕方5時までの間にお届けされます。

不在時の宅配はしてくれる?

不在時の場合は置き配でお届けされます。希望される場合は「鍵付き安全ボックス」を無料で利用することもできます。オートロックの場合はお問い合わせフォームもしくは受付センターまでご相談ください。(0120-999-654)担当の「まごころスタッフ」から連絡が入ります。

年会費や入会費は必要ですか?

年会費や入会費は無料です。

ミールキットの消費期限は?

お届け翌日まで利用可能です

支払い方法は?

お支払方法は、クレジットカード、現金よりお選びいただけます。

小鬼パパ

パクモグを最初に利用する際、ワタミから連絡が入ります。他に気になることがあれば担当者に聞いてみましょう。

PAKUMOGU(パクモグ)は『子ども受け』『時短調理』重視なら利用価値あり!

パクモグは口コミの通りイマイチな点もありますが、共働きで忙しかったり、子どもの偏食で悩んでいるなら、補ってあまりあるメリットを得られます。

子どもに寄り添ったミールキットは数が少なく、その中でもワタミのパクモグは、作る親と食べる子どもの双方をよく考えて開発されていると感じます。

何かと時間に追われがちな子育て世帯、パクモグを利用することで、食に関する負担を大幅に減らすことができます。

PAKU MOGU(パクモグ)が向いている人PAKU MOGU(パクモグ)が不向きな人
未就学児のお子さんがいる家庭
調理はできるだけ時短したい
共働きで忙しい
子どもにご飯を美味しく食べてほしい
お子さんが大人とほぼ同じものを食べられる年齢
お子さんが複数人いる
コストはなるべく抑えたい

具体的なお試しに関する体験談が気になる方は、【【子どもが喜ぶミールキット】PAKU MOGU(パクモグ)のお試しレビュー!】も参考にしてみてください。

小鬼パパ

初回お試しで通常価格の半額で利用できます。気になったら試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【仕事も家庭も両立するための時短術を紹介】仕事は大事、でも家庭も大事。両立させるためには工夫が必要という想いから、食材宅配サービスや時短家電を活用し、妻の産後うつを共に乗り切る|30代のメーカー営業マン、二人の娘のパパ

コメント

コメントする

目次